オークファンプロ(aucfan Pro)のトレンド比較チャートの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オークファンプロ トレンド分析

今回はオークファンプロ(aucfan Pro)の機能の1つである、「トレンド比較」の使い方についてまとめていきます。トレンド比較を使いこなすことで、複数の商品の相場の動きを比較することが出来ます。

トレンド比較の手引き

トレンド比較を使う方法

まずオークファンプロにログインします。

⇒ http://pro.aucfan.com/

ログインすると、下の画像のようにナビゲーション部に「トレンド比較」とありますので、そちらをクリックします。

トレンド検索 ナビゲーション

するとトレンド比較のページが現れますので、こちらのページよりトレンド比較を行っていきます。

トレンド比較チャート

複数の商品(カテゴリや出品者ID)を同時に比較できる優れもの

オーファンプロのトレンド比較は複数の商品を同時に比較することが出来ます。

(比較は最大5つまで、期間は5年まで※3年以上の場合は末端カテゴリまで選択)

比較できるものは、以下の3つになります。

トレンド比較 カテゴリ キーワード 出品者

  • カテゴリ
  • キーワード
  • 出品者ID

今回は例として、「カテゴリ」を使って使い方を解説していきたいと思います。

比較するカテゴリを選択する

まず比較するカテゴリを選択していきます。

今回は、レディースファッションの「ワンピース」と「ニット、セーター」を比較していきたいと思います。

まず、ワンピースを選択し「比較条件を追加」をクリックします。

ワンピース 追加

続いて、「ニット、セーター」を選択し「比較条件を追加」をクリックします。

※2つ目以降を選択する場合、カテゴリを遡って選択する必要があります。

トレンド比較 ニット セーター

これで2つのカテゴリが選択されました。

条件を削除する場合は、左端にチェックを入れて「チェックした条件の削除」をクリックすると消えます。

トレンド比較 比較条件

期間の選択

引き続き、トレンド比較をする期間を選択していきます。

期間は、「7日、30日、60日、90日、1年、3年、5年」か「日付を指定」から選択することが出来ます。

今回は季節ものの商品なので3年間で検索していきたいと思います。

期間を選択し終わると、右端の「チャート生成」をクリックします。

期間の選択

グラフ分析

「チャート生成」をクリックするとデータが出てきますので、分析していきます。

トレンド比較 データ分析

データは、以下の3つを比較することが出来ます。

  • 総落札額
  • 総落札数
  • 平均落札額

上のグラフは総落札金額なのですが、グラフの関係は全く逆のものとなりました。

夏場に需要の高いワンピースは夏場前(6月)、冬場に需要の高いニット、セーターは冬場前(12月)に総落札金額が高くなっています。

これは3年間通してみても全く同じ流れなので、これからも変わることはないでしょう。

続いて、総落札数を見ていきます。

総落札数

総落札数も先ほどの総落札金額と同じようなグラフになりました。

ワンピースは夏場前に、ニット、セーターは冬場前に総落札数が多くなっています。

続いて平均落札額を見ていきます。

平均落札額

ここで異変が起きているのをお分かり頂けますでしょうか?

ニット、セーターは先ほど同様に冬場に高い数値を誇っているのですが、ワンピースに関しては先ほどまで夏場に突出していた数値が冬場で高くなっています。

つまり、ワンピースは数的には夏場の方が売れるけど、金額的には冬場の方が高く売れるとみて間違いないです。

一方、ニット、セーターは数的にも金額的にも冬場に売る方がいいと見えます。

このように商品ごとの特徴をつかみ、どのタイミングで売ればもっともいい売り方が出来るのかというデータを分析していくことが出来ます。

おわりに

オークファンプロのトレンド比較を使いこなしことで、商品を比較し常に最適な方法で販売していくことが可能です。

データを取れる強みを最大限に活かしていきましょう。

オークファンプロの契約はこちらからです。

オークファンプロについて詳しく知りたい方

オークファンプロ(aucfan Pro)はオークションで結果を出していくうえで最も重要な分析面を担うツールです。当サイトはオークファンプロに特化した情報サイトですが、それでももっと詳しく知りたいという方もいると思います。なので、

オークファンプロがなんなのかもっと知りたい

オークションについてもっと知りたい

など、少しでも不安な点などございましたら、僕にお問い合わせください。喋れる範囲でお話します。

コンタクトを取る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>