ヤフオクで過去の落札相場を検索する4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤフオク過去相場検索 4つの方法

ヤフオクで過去の落札相場を検索する際、あなたならどの方法を選択しますか?今回はヤフオクで落札相場を検索する4つの方法についてまとめていきます。

4つの検索方法

1:ヤフオクの落札相場検索機能

1つ目が2014年3月18日よりヤフオクの標準機能として追加された「落札相場検索機能」です。

こちらは無料で使うことができ、ヤフオクをそこまで使わないという方にはピッタリな機能となっています。

その一方で、直近90日間しか検索することができませんので、オークションでガッツリ稼いでいきたいと考えている方にはあまり向きません。

ヤフオクの落札相場検索機能については、以下のページで詳しく解説していますので、一度ご覧になってください。

ヤフオクの「落札相場検索機能」について

価格 無料
機能 低い
対象 超初心者

2:オークファン

2つ目が株式会社オークファンは提供している「オークファン」の一般会員です。

オークファンの一般会員は無料で使用することができ、最大過去6か月分まで検索することが出来ます。

ヤフオクの落札相場検索機能に比べると、期間も長く詳細な情報を手に入れることが出来ます。

ですので、「お金は使いたくないけど、ちょっとした相場を検索するのに使いたい」という方にはピッタリだと言えます。

また、次に紹介する「オークファンプレミアム」の機能をお試しという形でちょこっとだけ使えます。

価格 無料
機能 普通
対象 初心者

3:オークファンプレミアム

3つ目が先ほどのオークファンの上位版であるオークファンプレミアムです。

オークファンプレミアムは月額課金制で、月額513円(税込)かかります。

しかし機能は普通のオークファンとは一線を画して、かなり充実しています。

最大、過去10年分(各月ごと)の落札相場を検索することができ、商品画像の拡大まで出来るので商品の詳細まで確認することが出来ます。

オークションである程度の成果を出したいという方にはピッタリなツールだと言えるでしょう。

オークファンプレミアムについては、次に紹介するオークファンプロとの比較ページがありますので、そちらで確認してください。

オークファンプロ(aucfan Pro)とオークファンプレミアムの違い

価格 月額513円(税込)
機能 高い
対象 初心者~中級者

4:オークファンプロ

4つ目がオークファンの中でも最も性能が高い「オークファンプロ」です。

オークファンプロはオークファンプレミアムと同じく月額課金制で、月額3066円(月額)かかります。

オークファンプロはオークファンプレミアムの落札相場機能は使えるのは勿論のこと、オークファンプロ専用の検索ツールを使えますので、より素早く、そして正確に落札相場を検索することが出来ます。

また、オークファンプレミアムでは使えなかった「まとめて検索」が使えますので、1月以上の期間を一気に検索することが出来ます。

また、オークファンプロは落札相場検索よりも分析機能に重きを置いたツールです。

オークファンプロの分析機能はオークションで大きく成果を出そうと思うと必須の機能ですので、オークションを稼ぎの柱にしたいと考えている方には必須のツールとなります。

また、Amazon検索など、オークファンプロ専用の検索機能も備わっていますので、オークションに留まらずネット物販なら何にでも対応できます。

オークファンプロについては、以下のリンク先で多くの情報を掲載していますので、一度ご覧になってください。

オークファンプロ関連ページ

価格 月額3066円(税込)
機能 非常に高い
対象 初心者~上級者

おわりに

今回は、ヤフオクの落札相場を検索する方法について4つご紹介させて頂きました。

僕のおすすめとしては、もっとも費用は掛かってしまいますが「オークファンプロとオークファンプレミアム同時登録」です。

僕自身もこの方法で今まで成果を出してきていますので、同じ方法で稼いでいきたいという方はこの登録方法をおすすめします。

オークファンプロに登録する

>>オークファンプロに会員登録

オークファンプレミアムに登録する

>>オークファンプレミアム会員登録

オークファンプロの契約はこちらからです。

オークファンプロについて詳しく知りたい方

オークファンプロ(aucfan Pro)はオークションで結果を出していくうえで最も重要な分析面を担うツールです。当サイトはオークファンプロに特化した情報サイトですが、それでももっと詳しく知りたいという方もいると思います。なので、

オークファンプロがなんなのかもっと知りたい

オークションについてもっと知りたい

など、少しでも不安な点などございましたら、僕にお問い合わせください。喋れる範囲でお話します。

コンタクトを取る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>