ヤフオクの「落札相場検索機能」とオークファンプロの比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤフオク 相場検索

2014年の3月から「ヤフオク」にて、「落札相場検索機能」が実装されたことをご存知でしたか?そこで今回は、ヤフオクの「落札相場検索機能」についてまとめていきます。

落札相場検索とは

2014年3月18日により、ヤフオクではPC版のみ「落札相場検索」が使えるようになりました。

この機能は直近90日間で落札されたものが対象となります。

※ただしキーワード検索からのみ(カテゴリだけの検索では使えません)

使い方

まずヤフオクにログインします。

http://auctions.yahoo.co.jp

ヤフオク トップ画面

検索ボックスに相場を調べたいキーワードを入力し検索します。

この際、検索カテゴリーを絞ることで目的の商品に近づきます。

ヤフオク 検索ボックス

検索結果の上部に「落札相場を調べる」とのリンクが出てきますので、そちらをクリックします。

落札相場を調べる

すると落札された価格が出てきますので、そちらから相場価格を調べていきます。

オークファンプロと比較すると

オークション相場検索といえばオークファンなのですが、その中でも最高の機能を誇っているのがオークファンプロです。

オークファンプロの詳しい説明はこちらのページより確認してください。

オークファンプロ関係のページ一覧

ハッキリ言いますと、比べるレベルでもないです。

圧倒的にオークファンプロの機能が勝っています。

あくまで、オークファンに登録していない人が参考までに使う機能と考えて貰ったらいいです。

ヤフオクで利益を大きく上げている人はもれなく「オークファン」を使っていますので、こういう機能面で後れをとるとどうしても差が埋まりません。

オークションで結果を出したいなら、少し投資してでもオークファンプロに登録すべきだと僕は思います。

おわりに

ヤフオクの相場検索を一度使ってみることで、余計にオークファンプロの機能の充実度に気づくことかと思います。

オークファンプロでは、2週間無料のお試し期間を設けていますので、一度その機能を味わってみてください。

※現在は初月無料キャンペーンへと変更されています。

>>出品者のためのオークション分析ツール

オークファンプロの契約はこちらからです。

オークファンプロについて詳しく知りたい方

オークファンプロ(aucfan Pro)はオークションで結果を出していくうえで最も重要な分析面を担うツールです。当サイトはオークファンプロに特化した情報サイトですが、それでももっと詳しく知りたいという方もいると思います。なので、

オークファンプロがなんなのかもっと知りたい

オークションについてもっと知りたい

など、少しでも不安な点などございましたら、僕にお問い合わせください。喋れる範囲でお話します。

コンタクトを取る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>