オークファンプレミアムの出品テンプレートを使いヤフオクに出品する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オークファンプレミアム 出品テンプレート

オークファンプレミアムにはオークファンプロにはない出品機能があります。今回はオークファンプレミアムの出品テンプレート機能を使った出品方法についてまとめていきたいと思います。

出品テンプレートの手順

注意点

出品テンプレートは、無料で登録できるオークファン一般会員でも、月に10回だけヤフオクに限り使うことが出来ます。

しかしオークションで大きく稼ごうと思うと、出品が10回だけなんてことはまずありえません。

また、一般会員はプレミアム会員と違い「出品テンプレート」の保存が出来ません

ですので、一般会員として使う場合は「お試し」として使うという意味合いで臨んでください。

出品テンプレートを使う方法

まずオークファンのマイページにログインします。

http://aucfan.com/member/myaucfan

するとページ上部のナビゲーションに「出品のためのツール」とあり、マウスオンしますと「出品テンプレート」とありますので、そちらをクリックします。

出品テンプレート

すると以下のようなページに移行しますので、こちらから出品テンプレートを使っていきます。

出品テンプレート ページ

出品テンプレートの使い方

1:商品情報の入力

商品情報の入力では以下の情報入力が必要になります。

商品情報の入力

  • タイトル⇒商品のタイトルを入力
  • 商品説明⇒商品の説明を入力
  • 自由入力⇒商品説明の補足を入力
  • 送付方法⇒商品の発送方法を入力
  • 支払方法⇒支払方法を選択
  • その他⇒その他に何かあれば入力
  • マイブースの設定⇒マイブース(自分が出品している商品一覧)へのリンクを挿入
  • 送料の表示⇒発送元や発送方法、サイズを入力することで送料を表示

また、商品説明を手動で入力する前に「商品カテゴリ」を選択すると商品説明の入力すべき項目が出てきます。

カテゴリ選択 出品テンプレート

2:テンプレートデザインの選択

以下のテンプレートデザインから使用するデザインを選択します。

デザイン 出品テンプレート 

個性的なテンプレートデザインばかりなので、オークション内でも一際目立ちます。

3:追加画像のアップロード

フォトプラス

出品テンプレート「フォトプラス」という有料のオプションサービスがあるのですが、こちらに登録することでヤフオクに合計10枚の画像を表示させることが出来ます。

※シンプルテンプレートデザインのみ利用可能

こちらのサービスにつきましては僕も登録していないので詳細のほどは分かりません。

「お試し」で10回まで使用することが出来ますので、興味のある方は一度試してみてください。

4:プレビューを開く

入力が完了すれば、「確認画面(プレビュー)を開く」をクリックします。

もしここまでの入力内容をリセットしたいなら、「リセット」をクリックします。

確認画面

すると「プレビューページ」が表示されますので、表示状態を確認します。

表示に納得出来れば下にスクロールし、「HTMLコード」を全て選択してコピーしてください。

HTMLコード

コピーしたHTMLコードをヤフオク出品画面にて貼り付けて出品すれば完成です。

またこの出品テンプレートは名前を付けて保存することが出来ますので、場合によって保存して使ってください。

出品テンプレート保存

おわりに

無料の出品ツールもたくさんありますが、ここまで綺麗な出品テンプレートは他にはないでしょう。

少し違った出品スタイルをお望みならば「オークファンプレミアムがおすすめです。

オークファンプロの契約はこちらからです。

オークファンプロについて詳しく知りたい方

オークファンプロ(aucfan Pro)はオークションで結果を出していくうえで最も重要な分析面を担うツールです。当サイトはオークファンプロに特化した情報サイトですが、それでももっと詳しく知りたいという方もいると思います。なので、

オークファンプロがなんなのかもっと知りたい

オークションについてもっと知りたい

など、少しでも不安な点などございましたら、僕にお問い合わせください。喋れる範囲でお話します。

コンタクトを取る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>