オークファンプロ(aucfan Pro)のAmazon(アマゾン)検索の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazon

2014年10月10日から、オークファンプロ(aucfan Pro)に追加された新機能「Amazon検索」をご存知でしょうか?まだオークファンプロを導入していない人、導入しているけどAmazon検索の使い方が分からないという人に向けてまとめていきたいと思います。

Amazon検索の手引き

Amazon相場検索を使う方法

まずオークファンプロにログインします。

⇒ http://pro.aucfan.com/

ログインすると、下の画像のようにナビゲーション部に「Amazon検索」とありますので、そちらをクリックします。

Amazon 検索

するとAmazon検索のページが現れますので、こちらのページよりAmazon検索を行っていきます。

Amazon検索 インターフェス

売れる商品リサーチに特化した検索エンジン

オークファンプロのAmazon検索はオークファンが開発した独自の検索エンジンです。

本来のAmazonの検索エンジンは、購入者側がいかに購入しやすくなるように設計されています。

それに対してオークファンプロのAmazon検索は、セラー側が売るための情報を確認し易くするために設計されています。

※Amazon検索に出てくるデータは1日前のものですので、その点はご注意ください。

以下が実際に使っている僕が感じた「Amazon検索」の特徴です。

  • 条件絞り込み検索がすごく便利
  • 無駄な情報がなく見やすい商品ページ
  • 検索速度が速い
  • 検索条件保存が便利

条件絞り込み検索がすごく便利

Amazon検索には様々な絞り込み検索が用意されています。

Amazon 絞り込み検索

参考:http://aucfan.com/

  • キーワード、ASIN/ISBN、除外キーワード、ブランド名、メーカー名
  • セールスランク
  • 新品価格、中古価格、コレクタブル価格
  • 割引価格、割引率、新品出品者数
  • Amazonの出品有無、在庫の有無、FBA対応商品の有無、レビューの有無、送料

絞り込み機能を使って絞り込めば、売れる商品をピンポイントで見つけ出すことができ、大幅な効率化を図ることが出来ます。

無駄な情報がなく見やすい商品ページ

ご覧のとおり、非常に見やすい商品ページとなっています。

Amazon検索 商品ページ

本来のAmazonの商品ページでは情報が散らばっていて確認できなかったものまで、一括りして確認することが出来ます。

レビューありやFBA対象商品など、先ほど絞り込み条件で選択肢にあった条件に当てはまるものが出てきます。

プライスチェックモノレートと連携していますので、細かな情報のチェックもいち早く出来ます。

また海外のAmazonとの価格差も下に出てきますので、国内Amazonにとどまらず、輸出にも対応していると言えるでしょう(しっかり為替レートも右端に出ています)。

検索速度が速い

オークファンプロの特徴と言いますが、「オークファンプロとプレミアムの違い」についてまとめたページでも書いたのですが検索速度が速いです。

参考ページ⇒ オークファンプロ(aucfan Pro)とオークファンプレミアムの違い

使用しているPCや回線にもよりますが、使用ユーザーがそこまで多くない分、オークファンプロは快適なサーバー環境で動いていると言えます。

検索条件保存が便利

オークファンプロの全ての機能に付いているのですが、検索条件保存が非常に便利です。

検索条件保存

検索ボックスの右端にあるボタンにて、

  • CSVダウンロード
  • 保存した条件で検索
  • 検索条件の保存

を選択することが出来ます。

Excelにて商品のデータを分析したいなら「CSVダウンロード」、過去に保存した条件で検索したいなら「保存した条件で検索」、条件を保存したいなら「検索条件の保存」を押すことで非常に効率よく作業を進めることが出来ます。

CSVを使った商品リサーチ方法については、こちらのページを参考にしてください。

オークファンプロのCSVダウンロードを活用した商品リサーチ

おわりに

オークファンプロのAmazon検索を使えば、オークションだけではなくAmazonでも結果を出せるようになります。

今までにないAmazon検索エンジンでオークファンプロを使い込んでください。

>>出品者のためのオークション分析ツール

オークファンプロの契約はこちらからです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>